入社3年目のジンクスで仕事をやめるべき?辞めない方が良い人の特徴 

一部プロモーションを含みます

3年めのジンクスで仕事を辞めたい人の特徴
この記事で解決できる内容

※タップすると該当箇所までジャンプできます。

「入社3年目のジンクス」と呼ばれている、入社3年目に仕事を辞めたくなる人が続出する現象があります。なぜ、3年目になると辞めたくなるのか、理由を徹底調査した内容を紹介します。

この記事では、「入社3年目のジンクス」が起こりうる理由を紹介した上で、今入社3年目を迎えるあなたが「仕事をやめるべきなのか」「辞めずに続けるべきなのか」を特徴とともに紹介していきます。

これから入社3年目を迎える人や、今仕事を辞めたいと考えている人は、この記事を参考に辞めるべきか辞めないべきかを参考にしてみてください!

ペペまる

仕事を辞めて後悔しない必要な考え方も紹介しています!

入社3年目のジンクスで仕事を辞めたくなる理由は?

入社3年目のジンクスで仕事を辞めたくなる理由は?

入社3年目のジンクスと呼ばれる「なぜか入社3年目で仕事を辞めたくなる理由」を調査してみました。

結論、以下のような理由で仕事を辞めたくなるケースが多いようです。

仕事を辞めたくなる理由
  • 入社3年目でも成長を感じられていない
  • 仕事にマンネリしてしまっている
  • 給料が上がる見通しがつかずお先真っ暗
  • 部下が自分よりも仕事ができる(ちやほやされている)
  • 人間関係が合わず限界を迎える

それぞれ詳しく紹介していくので、まだ入社3年目を迎えていない人や、仕事を辞めたいと思っていないけど心配な人は事前に知っておくことで対策をしておきましょう。

入社3年目でも成長を感じられていない

入社3年目で辞めたくなる理由の一つに「成長を感じられていないこと」が挙げられます。

確かに、入社して丸2年たっているのにも関わらず、入社時の自分と今の自分で成長を感じられていなければ「向いていないんじゃないか」と不安になってしまいます。

自分の中では成長を感じられていなくとも、3年目なんだからと上司からは期待されたり、後輩の方が仕事ができているような気がして自信がなくなったりと辞めたくなるのもわかります。

一度、入社時の自分と今の自分でできるようになったことを整理してみるのも大切です。

仕事にマンネリしてしまっている

入社から3年経つと、仕事自体がマンネリ化してしまっていることで、モチベーションの低下を招き辞めたくなってしまうことも

確かに3年間同じような業務をしていると、飽きてくるのは当たり前で、この先の何十年ずっとこのままなのかと不安になり辞めたくなってしまうのもわかります。

あなたの上司が、あなたと同じような仕事をしているのであれば、数年後もあなたは同じ業務を続けている可能性が高いですし、上司が他の仕事をしているのであれば、まだ望みはありますよね。

このように、上司を指標にしてあなたのやりたい仕事ができそうかどうか判断してみるのもおすすめですし、たまには新しい風を吹かせるため上司に直接他の業務を任せてもらえないか相談してみるのも一つの手段です。

ペペまる

発言しないと伝わらないことがほとんどです!

給料が上がる見通しがつかずお先真っ暗

入社3年目のジンクスとしてもう一つ多いのが、「給料が変わらないことに対する不満」です。

入社してからの3年は低賃金でも割り切って頑張れていたものの、3年経って全然昇給していなければ「将来ずっと低賃金のままなのかもしれない」とお先真っ暗になってしまいますよね。

実際、就労規則を確認すると自分の上司の大体の収入がわかることも多く、実際に見ている上司の仕事の量と照らし合わせて将来の自分に対して不安になることも多いです。

そこである程度今の仕事を続けていくべきかどうかを判断できるので、就労規則の確認や上司の仕事の把握っていうのはすごく大事です。

部下が自分よりも仕事ができる(ちやほやされている)

部下が自分よりも仕事ができていたり、上司たちからちやほやされている瞬間を見ると、「自分なんていらないんじゃないか」「向いていないんじゃないか」と考えてしまうこともありますよね。

確かに、3年目なのにもかかわらず、自分より後に入った後輩よりも仕事で評価されていなかったら辞めたくなる気持ちもわかります。

ただ注意してほしいのが、周りの評価が欲しくて仕事しているのでしょうか?その業界が好きで、その職に憧れて入社した人もいるはず。結局大事なのは、「何のために働いているのか」を見つめ直すことです。

3年目で仕事を辞めるか続けるか悩んでいる人こそ、一度自分と向き合ってみてください。

人間関係が合わず限界を迎える

最初の1年、2年くらいは、猫をかぶっているところがあったり、仕事に夢中になっているために我慢できて来たのかもしれませんが、3年目ともなると、少しずつ周りを見れる余裕が出てくると人間関係が合わないと仕事自体楽しくなくなって辞めたくなってくることもあります。

確かに、社会で働いていく上で、人と人との関わりはどうしても避けては通れませんよね。

ただ、相手の考え方や、接し方を変えてもらうことよりも、あなたが自分の考え方を変えたり、接し方を変える方が圧倒的に簡単なので、「どうして合わないと感じるのか」を自己分析してあげることで少し改善できるかもしれません。

もちろん、全然価値観が合わない人がいたり、理不尽に怒られたり、「人間関係が合わない」にもいろいろな種類があり、転職をした方が良い場合と、あなたにも改善できることがある場合とあるので、まずは自己分析や相談するところから始めてみるのがおすすめです。

入社3年目のジンクスで仕事を辞めるべき人の特徴

入社3年目のジンクスで仕事を辞めるべき人の特徴

入社3年目のジンクスで、あなたが仕事を辞めるかどうかで悩んでいるのだとするならば、以下の特徴があれば辞めることを検討してみてもいいと思います。

仕事をやめた方が良い人の特徴
  • 今の会社で何のスキルも身につかない
  • 上司に自分の理想の暮らしを実現させている人がいない
  • 他の仕事にも興味がある状態の人

理由をそれぞれ解説します。

今の会社で何のスキルも身につかない

今の会社で何のスキルも身につかない場合、転職を考えてもいいと思います。

ココでのスキルとは「市場価値を高めるスキル」です。時代会社の平均寿命が短くなっている今の時代ではいつ今の会社がなくなるのかがわかりません。

そのため会社に縛られない「個のスキル」が何よりも重要になり、「今の会社にいて市場価値は高められるのか」が重要になります。

もしも、今の会社で市場価値を高められるようなスキルや実績が身につけられないのは転職を考える一つの判断基準です。

上司に自分の理想の暮らしを実現させている人がいない

今の会社で、あなたが理想とするような憧れる生活を実現させている上司や先輩がいない場合、辞める一つの判断基準としていいです。

どの先輩や上司を見ても、「あんな上司にはなりたくないなぁ」とか「人生楽しいのかなぁ」と感じるようであれば、その会社で働き続けることはおすすめできません。

環境はやはり大事で、周りに幸せそうな人がたくさんいれば自分も幸せになれる可能性は高まり、周りに楽しくなさそうな人が多いとあなたも負の方向へ巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

そのため上司や先輩に、理想の暮らしをしている人がいるかどうかも辞める辞めないの判断基準にしてみてください。

他の仕事にも興味がある状態の人

他の仕事にも興味がある状態で今の仕事を続けているのであれば、情報収集として業界の人に話だけでも聞いてみるのがおすすめ。

ただ注意点として「隣の芝生は青く見える」ので、実際に転職してみてから、「思っていたのと違った」となるケースももちろんあります。そのため最初はあくまでも情報収集から始めてみること。できれば体験もしてみることがおすすめです。

そのうえで、その会社や業界にあなたが属することで「市場価値を高められそうか」「理想の暮らしを実現している人はいるかどうか」という2つの基準をもった上で、気になる業界を探してみてください。

興味がある状態はとても貴重です。思い立ったら吉日なので、今日からでも業界の詳細を聞いてみるのがおすすめです。

理想のキャリアを築くためには、情報を取得することが必要不可欠です!

今のままだと、スキルも身につかないし、理想の暮らしを実現させている上司が存在していない場合、他の企業の情報をや、他の働き方のことなど、情報として持っておくだけでも大分キャリア設計を立てやすくなります。

例えば、理想の暮らしを実現している人はどの業界や職種の人が多いのか、そもそも、どんな働き方が世の中にはあるのか。調べれば調べるほど世の中にはいろいろな働き方があることに気づきます。

会社員として働くのであれば、いろんな業界に詳しい、キャリアアドバイザーに話を聞くのが一番なので、「キミナラ」というサービスを利用すると、そもそもどの業界が向いているのかなどの第三者からの意見を聞くことができ、転職エージェントの紹介もしてくれるのでおすすめです!

>> 業界研究に強い転職支援サービスKIMINARA(キミナラ)について

合わせて読みたい

キミナラ(KIMINARA)の評判・口コミは?どんなサービスなのか!
キミナラ(KIMINARA)の評判・口コミを調査!あなたに合った転職のプロを紹介してもらおう!

続きを見る

入社3年目のジンクスで仕事を辞めない方が良い人の特徴

入社3年目のジンクスで仕事を辞めない方が良い人の特徴

一方で、入社3年目のジンクスで仕事を辞めない方が良い人の特徴もあります。

例えば以下のとおり。

入社3年目のジンクスで仕事を辞めない方が良い人の特徴
  • 楽して稼ぎたいと思っている人
  • 他責思考の人
  • 転職活動自体面倒でやりたくない人
  • スキルや実績を身につけることができる会社にいる人

理由をお伝えします。

楽して稼ぎたいと思っている人

まず「楽して稼ぎたいと思っている人」は、何の仕事をしていても一緒なので、辞めない方が良いです。

せっかく慣れてきた今の仕事を辞めるのはもったいないです。永遠と続けているのが一番楽ですよ。

また、楽して稼ぎたい人は「お金で仕事を選ぶ傾向」があり、結果楽にお金を稼げても他の部分に不満が出てくるものなので、僕はおすすめしません。

もしも、本当に今の仕事を辞めて、人生を豊かにしたいと考えているのであれば、お金以外にその仕事をやる理由を見つけて働いてみてください。

他責思考の人

今の会社であなたが幸せになれていない、やめたいと感じているのがすべて会社や他の人のせいだと思っている人も、その状態で仕事を辞めるのはおすすめできません。

少なからず、入社すると決めたのはあなたの選択であり、100%会社の責任ではありません。そのように考える方が、転職する選択も責任をもってできます。

そのため、今の仕事をマイナスな理由で辞めるのではく、プラスの理由で辞められるのがベストだと思っているので、会社のどこが嫌なのかを明確にするだけでなく、今後はどのような選択をすれば失敗しないのかも分析したうえで仕事を辞めるのがおすすめです。

ペペまる

他責思考の人は、転職をしたとしても楽しいキャリアライフを送れる想像が僕にはできません...

転職活動自体面倒でやりたくない人

転職活動にマイナスなイメージがあったり、面倒に感じて転職をしたくないと考えている人も今の仕事を続けることをおすすめします。

正直転職活動はノーリスクで始められて、うまくいけば今よりも満足できる働き方を見つけられるかもしれません。にもかかわらず、偏見やイメージのせいで始めることすら腰が重く、意欲的に転職活動を進められないのであれば、良い転職はできないと思います。

確かに、何か新しいことを始めるときは一歩目が一番重く、進みづらいのもわかります。

ただし、いざ転職エージェントに登録してみたり、自己分析から始めてみると楽しくなったりするので、今は億劫に感じている人も、本気でキャリアのことを考えるのであれば、一歩目を勇気を振り絞っと踏み出してみてください!

>> なぜ転職活動がノーリスクなのか?

合わせて読みたい

転職活動はノーリスク!
20代で転職活動を始めるのはノーリスク!軽い気持ちで始められます!

続きを見る

スキルや実績を身につけることができる会社にいる人

今の会社での経験が、転職や独立した後に役立つスキルアップや実績を身につけることができる環境なのであれば、今の仕事を続けてみるのもよいかもしれません。

社内でしか役に立たない「社内価値」を高めるスキルと、社会全体で価値のある「市場価値」に分けられますが、今の会社での経験が市場価値を高める環境なのであれば、今の努力は無駄にはなりません。

あなたのこれからの長いキャリアを考えたときに、必要なスキルなのかを今一度考えてみて必要なのであれば、もう少し頑張ってみてはいかがでしょうか。

市場価値を高めるスキルの例
  • たくさんの人とかかわることができ、コミュニケーション能力が高まる
  • マーケティング部に所属しており、Webマーケティングのスキルが身につく
  • 将来独立したときに役立つプログラミングスキルが身につく など
ペペまる

今の時代転職は当たり前ですが、それはキャリア戦略をしっかり立てていることが前提です。

入社3年目で成長してないと感じたときはキャリア設計を一度見直そう!

入社3年目で仕事を辞めたいと感じている人の中には「成長していない」ことが悩みで、今の仕事よりも他の仕事の方が向いているのではないかと不安になっている人もいるのではないでしょうか。

成長を感じられない場合、まずは「今のまま頑張り続けることがキャリア設計として最適なのか」を判断するために一度見直してみましょう。具体的には、以下のポイントに絞って見直してみてください。

成長していないと感じたときキャリア設計見直しポイント!
  • そもそもライフワークバランスは理想に向かっているか?
  • 成長させたいスキルは明確になっているか?本当に今後のキャリアに必要か?
  • 今の会社に成長させたいスキルを身につけられる環境が整っているのか?

例えば、成長させたいスキルが明確になっていないのであれば、

ライフワークバランスは理想に向かっているか?

成長してないと感じている皆さんは、「理想のライフワークバランス」を考えたことはありますか?

正直、仕事自体が楽しくて働いている人も、「プライベート」な時間を有意義に過ごすためのお金を稼ぐために働いている人も、人生全体が少しでも楽しくなるように我々は働いています。

そのためライフワークバランスを見直して、どんなキャリアを築いて、どんな暮らしをするのがあなたにとって一番理想なのかを考えた上で、今の頑張りがその理想に向かっているのかを考える必要があります。

理想のライフワークバランスを実現させるうえで大切なのが、実際に実現させている人がいるかどうかを探してみることから始めてみてください!

ペペまる

僕の場合、ブログで稼いで旅をしているような人のバランスが理想だったのでブログを始めています。

成長させたいスキルは明確になっているか?本当に今後のキャリアに必要か?

そもそも、成長してないと感じる人は、どんなスキルを磨きたいのかは明確になっていますでしょうか?稀に、何となく成長してないと感じていたり、本当は成長しているのに自分に自信を持てなくて成長してないと勘違いしてしまっていることもあります。

そのため、まずは成長させたい自分のスキルを明確にして、そのスキルに特化して3年前と今の違いをイメージしてみてください。

例えば、営業スキルを成長させたいとするならば、目標達成までに必要な計画を立てるスキルや顧客に対しての提案力、お客様と打ち解ける雑談力など、さらに細分化してあげることで、あなたが成長させたいスキルや3年前との成長を感じ垂れるはずです。

このように成長してないと感じているとき「人間として」とか「社会人として」みたいに、抽象的に考えるのではなく、一つ一つのスキルにフォーカスを当てて考えてみるのは重要です。

今の会社に成長させたいスキルを身につけられる環境が整っているのか?

成長させたいスキルを明確にしてみると、「あれ、今の会社よりもっと身につけやすい業界があるんじゃないか?」と気づいたり、他の会社の環境はどうなのか疑問に感じられるようになります。

そもそも「なぜ、そのスキルを身につけたいんだっけ?」と疑問もでてくることも。

理想の暮らしを実現するために、一歩一歩進んでいっているのであれば、今の会社で時間を費やすこともよいと思いますが、万が一今の会社での時間が理想の暮らし実現に全く近づかないのであれば転職や副業を始めるなどの対策を考えていくことが必要です。

結局のところ、あなたが「どう生きていきたいか」を追求していって、一つ一つ対策を考えて実行していくしかないんですよね。

ペペまる

楽な道ではないかもしれませんが、せっかく生まれてきたんだから楽しんで生きたいですよね!

仕事を辞めるとき後悔しないために必要な考え方

仕事を辞めるとき後悔しないために必要な考え方

入社3年目のジンクスで仕事を辞めると決めたとき、後悔しない必要な考え方を紹介します。

例えば以下。

仕事を辞めるとき後悔しないために必要な考え方
  • 転職活動はノーリスクで行える!
  • 良い会社を探すのではなくキャリア全体で考える
  • 辞めるのではなく副業という選択肢もある

転職活動はノーリスクなのでとりあえず始めてみる!

仕事を辞めるとき大事なのが、「転職活動はノーリスクで行える」という考え方です。

なぜなら、以下の2点が大きな理由です。

  • 転職支援サービスは無料で使えるものがほとんど
  • 内定がもらえたタイミングで退職を伝えてもいい

転職サイトや転職エージェントは無料で使えますので、情報収集をするだけならノーリスクですよね。さらには、転職者の多くが転職先から内定が出た時点で退職を伝えているため、万が一内定がもらえなければ転職しないなんてことも可能です。

ペペまる

新しい服をネットで探すのと同じですよね!良い求人を探すだけならタダですよ!

良い会社を探すのではなくキャリア全体で考える

仕事を辞めるときに後悔しない大事な考え方として「良い会社を選ぼうとするのではなくキャリア全体で必要かどうかを考えること」も重要です。

要は、1回の転職であなたの望みすべてをかなえようとするのではなく、キャリア設計全体を考慮したうえで、必要な要素が多く含まれている転職先を見つけてみることが大切だからです。

例えば、今の会社では入社前にやりたいと考えていた職務につけなくて、今後も見通しがつかない場合、「たとえ年収が下がったとしても、絶対にその職務に就ける転職先」を探してみるとか。

短期的に見たときには年収が下がったり、残業が多くなったりしたとしても、キャリア設計全体を考えたとき必要な投資なのであるならば、仕事を辞めるのに十分な理由になるはずです。

辞めるのではなく副業という選択肢もある

会社を辞めて後悔したくないのであれば「副業の選択肢があることを忘れない」のも大切です。

辞めるだけがすべてではなく、今辛いことが副業で稼げたらすべて丸く収まることもあります。

例えば、給料が低いのがつらいのであればプラスで月5万、10万と稼げていたら、人間関係は良い会社だし、仕事自体が嫌いなわけでなければ人生がプラスになります。

仕事を辞めて後悔しないために、一度辞めずに副業で解決できないかを検討してみたら意外と気持ちが軽くなったりします!

まとめ:まずは新しい職場探しをノーリスクで!

今回は、入社3年目のジンクスで仕事を辞めたくなる理由と、辞めるべき人辞めるべきでない人の特徴について紹介しました。

結論、単純に今の仕事を辞めたいか辞めたくないかという感情論ではなく、キャリア全体を考えたときにやめた方がプラスに転じそうかどうかを「まずは情報収集から始めてみる」というのがベストな選択なのかと思います。

もちろん、ノリと勢いで辞めちゃって、辞めてから転職先を探すなんて破天荒な人も僕は好きですけど、多くの人は準備してから転職したいと思うので、情報収集は絶対に大切で、必要不可欠な行動です。

途中で紹介したKIMINARA(キミナラ)は、あなたのおかれている状況や、理想のキャリアについて一緒に考えてくれて、おすすめの転職サービスを無料で紹介してくれる転職支援サービスなので、ぜひ利用してみてください。

転職何から始めるか困ったら

なんとなく有名だからという理由だけで大手の転職エージェントだけ利用してませんか?

キミナラ(KIMINARA)は、あなたにぴったりのキャリアアドバイザーを紹介してくれます。

  • 初めての転職で何から始めたらいいかわからない人
  • 転職エージェントに登録してみたもののなかなか転職できていない人

上記のような方は、一度キミナラで無料カウンセリングを受けてみてください!

\ あなたにぴったりの転職エージェントを教えてもらう /

キミナラ(KIMINARA)の公式サイトをチェックする

※ 利用は完全無料なので費用は一切かかりません!!

  • この記事を書いた人

ぺぺまる

  \人生を楽しむプロ/

札幌生まれ札幌育ちの27歳|大学受験失敗をきっかけに自分の本当にやりたいことを探求|暗号資産投資で失敗 ▶ 営業代行で自分の商品を作りたくなる ▶ イベント事業 ▶ ブログをはじめました!|アウトプットブログ ▶ 理想の働き方研究室へ|結局人生楽しんだもん勝ちだと思ってます!

-働き方Tips
-