社会不適合者はどうやって生きる?社不の末路とできる仕事を紹介!

一部プロモーションを含みます

社会不適合者はどうやって生きる?
この記事で解決できる内容

※タップすると該当箇所までジャンプできます。

仕事で失敗をしたときや、人間関係でうまくいかない経験をしたとき、「私って社会不適合者なのかなぁ」とか「社会不適合者でどうやって生きていけばいいんだろう」など悩んでしまう人も多いですよね。

正直、社会にはいろんな人がいるので、適合するしないはあまり深く考えなくてもいいと僕は思っています。

社会になじみたい人のための対策方法や、社会不適合者でも楽しく生きていきたいと考えている人に向けて、おすすめの働き方と生き方をご紹介します。

少しでも、社会不適合者かもしれないと不安のある人はぜひ最後まで読んでみてください。

ペペまる

僕も社会不適合者だよねと言われて生きてきたのですが、気にしないようにしてからは人生が劇的に変わりました!!

社会不適合者はどうやって生きる?社不でもできる働き方3選

社会不適合者はどうやって生きる?社不でもできる仕事3選

社会不適合者の特徴を踏まえて、社不でもできる仕事の特徴をまとめておきます。

具体的には以下の特徴がある仕事です。

社会不適合者でもできる働き方3選
  • 人とのかかわりが少ない働き方
  • 時間に縛られない働き方
  • 好きや得意を活かせる働き方

それぞれ理由と例を紹介していきます。

人とのかかわりが少ない働き方を選ぶ

まず社会不適合者でもやりやすい仕事として「人とかかわる機会がない、もしくは少ない仕事」がおすすめです。

集団行動が苦手であったり、コミュニケーション能力が低いことに気づけていない、対策方法がわからない場合は、一人で黙々と作業できる仕事ならストレスも感じにくいでしょう。

例えば、工場で部品を組み立てたりするお仕事や、パソコンへのデータ入力をする仕事、職人と呼ばれるお仕事は比較的人とのコミュニケーションが少ないです。

人との関わりが少ない仕事例
  • 工場でひたすら検品作業を行うお仕事
  • PCへのデータ入力
  • モノづくりのプロとなり人と関わらなくても作品が人気となる働き方

時間に縛られない働き方を選ぶ

次に、時間に縛られない仕事も社会不適合者にはおすすめ。

なぜなら、社愛不適合者は時間にルーズであることが多く、朝起きれない、時間を守れない、拘束時間がストレスに感じてしまうなどを対策できるからです。

最近では、納期を守り品質を保った成果物を提出すれば作業する時間は関係のない働き方も現代では増えており、フリーランスライターやプログラマーがいい例ですよね。

時間に縛られない働き方の例
  • プログラマーとしてフリーランスになり、在宅で働く
  • ブログで稼げるようになって、夜に作業をする
  • 完全成果報酬型の営業職で稼ぐ

好きや得意を活かせる働き方を探す

あなたの好きや得意を活かせる仕事を見つけて、ストレスを感じずにマイペースに続けられる働き方もおすすめです。

なぜなら、社会不適合者と呼ばれる人たちは、楽しくないとかつまらないというストレスで、すぐに仕事を辞めたくなってしまって長続きしないという特徴があるからです。

今まで、仕事が楽しくないとか続かなくてすぐにやめてきてしまった人は、好きなことや得意なことを仕事にする工夫を考えてみることで対策できます。

もちろん、楽して稼げるという意味ではなく、仕事をすることや稼ぐために努力をすることが苦でなくなるので辞めにくいのがポイント。好きなことなら努力や仕事も続けられそうだと感じる人は、好きや得意を生かせる仕事を見つける工夫をしてみてください。

好きや得意を見つけた働き方
  • 服やファッションが好きなので、アパレルのネットショップを運営してみる
  • お金のことを調べるのが好きなので、調べた情報をSNSで発信してみる
  • 旅行が好きなので各地へ旅行し、YouTuberとして観光スポットを紹介する

そもそもあなたは社不!?社会不適合者の特徴6個

当てはまったらアウト!社会不適合者の特徴6個

まずは、あなたが社会不適合者かどうかを判断するために、社会不適合者の特徴をまとめました。

もちろん一つに当てはまったからと言って社会不適合者と確約するものではありませんが、一般的に社会不適合者だよね。といわれている人の特徴をまとめると以下のとおり。

社会不適合者の特徴
  • 集団行動が苦手!一人が大好き
  • 他人の意見を取り入れる柔軟性がない
  • ルールや規則を守れない
  • コミュニケーション能力が乏しい
  • 努力嫌い3日坊主で飽き性
  • 虚言癖がある
ペペまる

もしもあなたが、複数の特徴に当てはまるようであれば、社会で生きていくのは窮屈に感じてしまうかもしれません。

集団行動が苦手!一人が大好き

社会不適合者の特徴として「集団行動が嫌い」もしくは「一人が大好き」な特徴があります。

社会で生きることは集団での生活がほとんどなので協調性や集団行動はマストです。集団で行動をすることすなわち、周りと同じペース、同じルールで生活をすることがストレスに感じたりすると社会不適合者の特徴を満たしていることになります。

僕は、周りと同じペースで作業したり生活することがとても苦手で、協調性がないとか、社会不適合者と言われていたので、周りと同じペースで作業や生活をすることは社会にとっては必要なことのようです。

他人の意見を取り入れる柔軟性がない

社会不適合者の特徴として他人の意見を取り入れる柔軟性がないこともあります。

周りからのアドバイスを受け入れられなかったり、会社のルールに従わないなど、規律を乱すことに繋がりますので、社会には適合していません。

例えば、営業を我流でやっていて、もっと成績のいい先輩からアドバイスをされるも聞き入れず、我流を混ぜながら続けてしまい成績も上がらず、この仕事向いていないんじゃないかと不安になるみたいなことです。

誰の意見を受け入れるのかももちろん大事なんですけど、誰の意見も取り入れないのは社会不適合者の特徴といえます。

ルールや規則を守れない

ルールや規則を守れない人も社会不適合者です。

集団で行動をするのですから、当たり前にルールがあります。一番大きいところで言えば法律とか憲法になってきますが、会社にもルールがあります。

もちろん会社のルールを変える努力もできますが、社会不適合者はただ破っているだけの人が多いです。

遅刻してしまう人もそうですし、休憩時間をいつも少し過ぎている人など、会社で決まっているルールをことごとく守らない人って意外と多いですよね。

コミュニケーション能力が乏しい

社会不適合者の特徴に「コミュニケーション能力が乏しい」ことも挙げられます。

一人で仕事をしたり生活するわけではなく、他の人とコミュニケーションを取りながら仕事や生活するため、コミュニケーション能力は重要です。

そんな中で、コミュニケーション能力が乏しい人、「声が小さい」「元気がない」「思ったことを伝えられない」など、またコミュニケーションが上手に取れていないことに気づけていない人も社会不適合者である可能性が高いです。

努力嫌い3日坊主で飽き性

社会不適合者は、努力が嫌いで継続できず3日坊主で飽き性なことも多いです。

一番最初の社会として我々は幼稚園や小中学校の生活を送りますが、勉強や部活動などどれをとっても努力したことがないような人は、社会不適合者である可能性が高いです。

もちろん、勉強や部活が全てではなく、なにか他に自分が頑張ってきたこと、ハマってきたことがあって継続できてきたならばまだ安心できます。

虚言癖がある

社会不適合者は虚言癖があることも。

アルバイトや会社を仮病で休んだり、よくわからない理由で仕事をやめたり。誰かに迷惑がかかることを考えもしないで行動してしまう人が多いです。

自分のために嘘をつくことに抵抗がないのか、嘘が上手なのも社会不適合の特徴。ただ、経営者に必要なスキルとして嘘をつくことを上げている人もいるので、会社員以外なら虚言癖を活かせるかもしれません。

社会不適合者でどうやって生きるか迷った時の逃げ道

社会不適合者でどうやって生きるか迷った時の逃げ道

社会不適合者の特徴に複数当てはまってしまった人や、今の会社や社会に馴染めておらずストレスで押しつぶされそうになったとき、いい意味で逃げ道を知っておくのがおすすめ。

例えば以下。

  • 副業 × アルバイトで気楽に働く
  • フリーランスになれるスキルを身につける
  • 海外移住を考える など

詳しく見ていきましょう。

副業 × アルバイトで気楽に働く

社会不適合者で、会社員として働くことにストレスや不安を感じるのであれば、アルバイトをはじめとした非正規労働で、なるべく責任の軽い働き方がおすすめです。

ただ、会社員と比べて安定性や将来性に多少の不安を感じることもあるので、副業などで収入や個人のスキルの部分を汚点していくのが僕のおすすめ。

例えば、派遣でコールセンターを続けながら、ブログで収入を獲得したり、在宅で内職をしながら、ネットショップ運営で稼いでみたりなど、働き方は多種多様です。

無理して会社員になる必要はないと思っています。

合わせて読みたい

個人で稼ぐスキルおすすめ5選択
個人で稼ぐと決めたら身につけたいスキル5選

続きを見る

フリーランスになれるスキルや実績を身につけておく

自分が社会不適合者なのかもしれないと感じているのであれば、フリーランスとして生きていくためのスキルや実績を身につけておくことが逃げ道に繋がります。

今後はピンポイントな業務だけフリーランスに外注して、企業全体としての人権費を抑えるのが主流となっていくので、フリーランスの活躍の場は増えていくことが予想されています。

しかし、選ばれるフリーランスになるには、スキルと実績が重要となってくるので、会社員として働いている時から、フリーになれるスキルと実績を意識しておきましょう。

海外移住を考える

社会不適合者で、どうやって生きるのか迷ったときの逃げ道として「海外移住」は一つの選択肢です。

仮に日本社会では社不と言われたとしても、文化の違う海外では、考え方からマナーまでが全然違うので、社会生活が苦に感じない人も多いから。

例えば、日本では「正社員になるのが当たり前」「多数が正義」「わからないものは拒絶」「お金を稼ぐのは汚いこと」など、海外にはない文化がありますよね。

窮屈に感じる人は海外に移住することも検討してみると、過ごしやすくなるかもしれませんよ!

社会不適合者はどうやって生きる?社不が無理をした末路

社会不適合者はどうやって生きる?社不が無理をした末路

社会不適合者が、ストレスや窮屈さを感じたまま、無理して社会になじもうとすることで起こりうる最悪な末路は以下。

  • 心が限界を迎えて壊れてしまう
  • やりたいことが見つからず途方に暮れる

あらかじめ、社不が無理したときのリスクを知っておくことで、対策やリスクヘッジができますので押さえてておきましょう。

心が限界を迎えて壊れてしまう

社会不適合者が無理して社会になじもうとしたときの最悪の末路として「心が限界を迎えて壊れてしまう」末路があります。

社会になじめていないのにもかかわらず、真面目過ぎるがために心をすり減らしてでも社会になじもうとした結果いきなり請われるなんてことも。

対策としては、壊れるくらいなら逃げてしまうことも僕は否定しません。あなたが社会になじめないことが悪いわけではありません。

これだけたくさんの人間が暮らす社会なので、不適合者といわれる人が出てくるのは当たり前で、社不には社不なりの人生の楽しみ方があると思うので一緒に模索していきましょう。

やりたいことが見つからず人生が楽しめない

社会不適合者がどうやって生きるのかわからず、最悪な末路が「やりたいことが見つからず人生楽しめない状態」です。

社会不適合者が無理をして社会に馴染もうとするも、不適合者なので20年経っても全然楽しいことが見つからないなんてことも全然あります。

そのうえで、新しいことを始めようとする気力も失せて、人生をあきらめてしまうなんてことも。

僕はせっかく生まれてきたのだから、社会になじむ努力をするのではなく、やりたいことを見つける努力をするようにしましょう。

社会不適合者はどうやって生きる? ⇒ 個人で稼げるスキルを身につければすべて解決!

社会不適合者がこの先どうやって生きるべきかを問われたら、間髪入れずに「個人で稼げるスキルを身につければOK」と答えます。

SNSが発展している今、会社に雇われることだけが働き方のすべてではありません。インターネットやSNSを有効活用して個人でもサラリーマン以上に稼ぐことが普通に起こり得る時代です。

個人で稼げるスキルと聞くと一見難しそうに見えるかもしれませんが、しっかり順序だてて磨いていけば、社会不適合者でも、いやむしろ社会不適合者だからこそ、道は開けると思っています。

イメージしやすいように個人で稼げるスキルの例を挙げておきます。

個人で稼げるスキルの例
  • クラウドソーシングを利用して稼ぐことを知る
  • 直接会社と業務委託契約を結んで、今までの知識やスキルを活かして働く
  • SNSでのフォロワーの伸ばし方を体系化して会社のコンサルティングをする など

合わせて読みたい

個人で稼ぐのは難しい!
個人で稼ぐのは本当に難しい?会社員との違いでわかるメリットデメリット

続きを見る

まとめ:社会になじみたいのか?社不のまま生きていきたいのか?

まとめ:社不なら個人でも稼げるスキルを身につけよう!

今回は社会不適合者がどうやって生きるべきなのかについて紹介していきました。

結論としては、社会不適合者でも人生は楽しめますし、人生を楽しむためには事前の準備が大切です。万が一社会不適合者の特徴に複数当てはまってしまったのであれば最悪の末路をたどらないようにしっかりと準備しておきましょう。

社会になじみたいと考えている人も、逃げ道を知っておいたり、いつでも逃げられる逃げ道を確保しておくことで、社会になじめなかった時でも最悪の末路をたどらないで済むはずです。

理想の働き方研究室では、社会不適合者でも楽しく人生を送るための対策、スキルアップに関する情報や自分の本当にやりたいことを見つけるための情報を多く発信しているので、他の記事もぜひ読んでみてください。

社会不適合者かもしれない人におすすめの記事一覧
  • この記事を書いた人

ぺぺまる

 \人生を楽しむプロ/

札幌生まれ札幌育ちの26歳|大学受験失敗をきっかけに自分の本当にやりたいことを探求|暗号資産投資で失敗 ▶ 営業代行で自分の商品を作りたくなる ▶ イベント事業 ▶ ブログをはじめました!|アウトプットブログ ▶ 理想の働き方研究室へ|結局人生楽しんだもん勝ちだと思ってます!

-働き方Tips
-