営業成績が悪いのを気にしないコツ!辞めたい人は必見です!

一部プロモーションを含みます

営業成績が悪いとか気にしない
この記事で解決できる内容

※タップすると該当箇所までジャンプできます。

営業成績が悪いのを気にしないコツを知らないと、営業活動が辛くなってすぐに辞めたいと考えてしまうのも無理はありません。僕も営業職をやり始めた当初は毎日が億劫でした。

そこで今回の記事では、営業成績が悪くても気にせずに、メンタルケアをしながら自己成長していくコツを紹介します。

僕はもともとメンタルが強いわけではなく、断られることもびくびくするようなおどおど人間でしたが、テレアポでは営業成績トップを取り続けていたり、フリーでテレアポのお仕事をもらえるようになるまで成長できたので、僕のやってきたことなども紹介していきますね!

ペペまる

今営業成績が悪くて悩んでいる人はぜひ最後まで読んで一つでも有益な情報を勝ち取ってもらえたらうれしいです!

そもそも、「営業を続けるべきか辞めるべきか」で迷っている人は、自己分析をして今後の中長期的なキャリアプランを明確にしてあげることが大切です。

キャリアプランが明確になっていない人はぜひ以下の記事も合わせて読んでみてください!!

合わせて読みたい

なんとなく働かない!明確なキャリア戦略を立てる方法
キャリアプランが思いつかない20代へ!3つのリスクに対していち早く行動できるかが理想の働き方実現のカギ

続きを見る

営業成績が悪いのを気にしないコツ!辞めたい人は必見です!

営業成績が悪いのを気にしないコツ!辞めたい人は必見です!

自分の成長を信じ抜く

結局のところ、営業成績のいい人は今まで沢山の人とコミュニケーションを取ってきた人が多く、ヒアリング力や、提案力が高い特徴があります。

そのため、今は営業成績が悪いのはただ経験が不足しているだけで、伸びしろがあると信じ抜くことが大切です。

同じ営業経験出さがつくのは、学生の頃から、たくさん人の話を聞いてきていたり、「なんでこの人はこの発言をしているのか」と本質を考えてコミュニケーションを取ってきた経験があるのでしょう。

あなたにはあなたの成長スピードがあります。新卒で入社できているのですから、あなたに可能性を感じてくれた人事の担当がいるわけなので、その人のためにも自分のためにも、自分のことを信じ抜くことだけは忘れないでください。

プライベートに楽しみを作る

仕事はプライベートを楽しむためと割り切ると、営業成績が悪くてもお給料はもらえるのでと割り切るのもコツの一つです。

更に営業成績が悪いと残業してしまい、残業代も稼げるなんて会社もありますので、お金という面で営業職は、悪くないと思います。

もしも、プライベートを楽しむために、もっとお金がほしいのであれば、営業成績が悪いことを気にするよりも先に、どうしたら営業成績を上げるかを気にすることができるでしょう。

そのため、営業成績が悪くて悩む前に、プライベートに楽しみがあるかどうかを考えてみてください。

プライベートが充実している人は営業成績が良い!?

僕は、営業職を初めてキャリアが5年以上になりますが、営業成績のいい人の特徴の一つにプライベートが充実しているがあります。

プライベートと仕事のオンオフがしっかりしていたり、プライベートのウハウハが仕事で生きている人がいるのか、原因はわかりませんが、営業成績はプライベートの充実とも関係あるのではないでしょうか。

例えば、新婚さんで幸せオーラ全開の人で仕事もイキイキとしている人。あなたの周りにもいませんか?

プライベートを充実させるための方法については、以下の記事でも紹介しているので、気になる人は是非チェックしてみてください!

合わせて読みたい

理想の暮らしがわからない
理想の暮らしがイメージできない人は"不"から理想の生活を見つけよう

続きを見る

何のために仕事をしているのかを考える

営業成績が悪いのを気にする前に、あなたが今の仕事を選択した理由を考えることも大切です。

生活のためなのか、自己成長のためなのか、やりがいを感じるためなのか、働く理由は人それぞれだと思うのですが、営業成績を上げてちやほやされるためっていう人以外は別に営業成績が悪いことを気にしても仕方ありません。

もちろん、自己成長しつつ、生活費を稼ぎつつ、やりがいを感じたいなど欲張りの人もいるかもしれませんが、目的にはプライオリティ(優先順位)を付けてあげてください。

ペペまる

どこを最優先にしても結果的にすべてかなえられるような動きができるはずです。

合わせて読みたい

お金のために働くのは何が悪い!
お金のために働くことの何が悪い!お金以外の働く目的を知ればわかります

続きを見る

営業成績が悪いのを気にしないようにしてから成績が上がった体験談

営業成績が悪いのを気にしないようにしてから成績が上がった体験談

売ることばかりを考えていたのを辞めた

営業成績が悪いからと言って、売ることばかりを考えていると逆効果です。確かに営業成績を上げようとして、どうにかして売ろうともがく気持ち事態は大切なのですが、意外とお客様に伝わりがち。

僕も実際にどうやったら売れるかを考えて、あの手この手で売ろう売ろうとばかり考えて全然ニーズのないお客様にも長話したりしていたのですが、逆に売ることにこだわるのを辞めてお客様に興味を持とうとしてから成績が伸び始めました。

買う側の気持ちになってみるとわかりやすいのですが、売りたいオーラって意外と感じ取りやすくて、それが出てしまうと、いい商品だったとしても話があんまり入ってこなくなってしまったりするのでお勧めしません。

ペペまる

大切な先輩をイメージして、本当におすすめできる商品を紹介して買ってもらうような営業マンになりましょう!

売上のほかに目標を立てるようにした

売上以外にテレアポの架電数であったり、お客様と○○について話す回数など自分のハンドルで何とかなる範囲での目標も合わせて立てるようにしてから成績が伸びました。

僕の場合、プレッシャーに強いタイプではなかったので、売り上げ目標ばかりを追っていると僕はメンタルが持たないと思ったからです。

売り上げから逆算していき、必ず必要な要素を考えて自分でハンドルを握れる範囲で日々の目標を立てていました。アポ1件って結局相手次第なので、それよりも担当者の名前を聞き出すとか、架電数とかもっと自分に近いところで立てられる目標の方が僕には合っていましたね。

ペペまる

僕のようにプレッシャーに弱いタイプの人はぜひ試してみてください!

ここだ!のために適度に手を抜く

ここぞというときに頭をフル回転させられるように、脳みそのキャパシティーを考えて、適度に手を抜くようにしてから成績が伸び始めたのもあります。

営業職って良くも悪くも数字が出ていれば文句を言われない企業も多く、コンビニの駐車場で寝ている営業マンなんてよく見ますよね。ただ最終的に結果が出ていれば文句は言われないのです。

さすがにコンビニで寝たりってのは僕はしたことはありませんが、テレアポの担当につながらない時間は全然違うことを考えながら架電していたり、1時間に1回は必ず歩いて気分転換したりしています。

数字が伸びないときはずっとテレアポしていたり、黙々と作業していたのですが、気分が沈んでしまっては本末転倒なので、ここぞという場面のために抜くところは抜いてあげることが僕には向いているようです。

営業成績が悪いからってすぐに辞める決断はNG

営業成績が悪いからってすぐに辞める決断はNG

「営業成績が悪い = 営業に向いていないからやめた方がいい」は僕は違うと思っていて、成長のスピードが人それぞれなんだと、テレアポ会社の管理者などを経験していて思いました。

入りたての新人さんが、かみかみでトークも詰まってしまったりと、向いていないのかもしれないと思っていた人が、数か月後いきなりコツをつかんだのかトップレベルのアポインターになったり、

上司やチームのみんなは敵ではありません。以下のように上司を使ったり、営業成績のいいひとを分析してあげることでゆっくりゆっくり成績を伸ばしていけばいいのです。

営業成績が悪いときにやることリスト
  • 上司を使ってでも営業成績を伸ばす
  • 営業成績のいいひとをとことん分析する
  • あなたの商品・サービスを実際に利用している人にインタビューしに行く

上司を使ってでも営業成績を伸ばす

会社の売上を考えるのであれば、あなたの営業成績が悪い原因をしっかりと分析して、上司に補填してもらうことを考えてみてください。

上司も忙しくてどこで営業が止まってしまっているのか、あなたが営業のどこで悩んでいるのかをを把握できていなかいことも意外と多いです。

そのため、あなたから、ここをやってほしいです!ここが弱いので見せてほしいです!というアクションをあなたからしてあげることも必要。

もし、嫌な顔をされて邪険に扱われるのであれば、提案の仕方を変えて、「会社の売上を考えるなら〇〇をしてもらったほうが得策だと思うのですがどうでしょうか?」と聞いてあげると上司も断りづらくなるでしょう。

正直上司や同僚との相性ってかなり大事ですよね...

同じ会社で働くうえで人間関係ってすごく大事ですよね。相性が合わないなとお互いが感じてしまうと、悪循環に陥ってしまうこともあります。

もちろん、あなたが歩み寄ることで改善できるケースもあるとは思うのですが、そもそも「どんな人があっているのか」を知っておくだけでも全然変わってきますよね。

そこでおすすめなのが、性格タイプから相性の良い社風や、理想的な上司像など。相性で理想の求人を紹介してもらえる転職エージェントの相性転職PersonalFile

キャリアパーソナリティ診断と最先端のAI技術を融合させた、次世代の就職・転職支援サービスで、今の職場で人間関係に悩んでいたり、もっと自分に合った仕事があるかもしれないと、模索中の人は無料なので試してみることをおすすめします!

相性転職 Personal File 公式サイト

合わせて読みたい

相性転職パーソナルファイル評判・口コミ
相性転職パーソナルファイルの評判・口コミは?徹底調査してみた

続きを見る

営業成績のいい人に同行させてもらう

営業成績を伸ばしたいのであれば、営業成績のいい人に同行させてもらって、盗めるスキルは盗みましょう。

僕もよくやっていたのですが、1日全て動向をすると自分のタスクを圧迫してしまうので、週に1件や月に1件など、定期的に同行させてもらうのは勉強になります。

営業成績がいい人に同行すると「あ、そこに着目しているんだ」とか「その切り返し方があったのか」など、あなたにはまだ持ち合わせていない引き出しを盗めるでしょう。

ペペまる

あなたの成績を上げることも大切なのですが、会社全体の売上を考えて、行動することを考えてみるといい方法が見つかるはずです。

あなたの商品・サービスを実際に利用している人にインタビューしに行く

営業成績が悪いときって、あなたが商品・サービスについての良さがあまり感じられていなくて、押しポイントがわからないケースも少なくありません。

そんな時は、実際に利用している人にインタビューして、どんな時に利用しているのか、メリット・デメリットを聞いたりすることで、まだ使っていない人に対しての提案の引き出しを増やせます。

例えば、自分で利用しないものを販売促進しないといけないときって意外と、利用者目線で自分の商品の良さを理解できていなかったりするんです。

ペペまる

営業成績が悪いと悩んでいるときは、実際に利用している人の声を聞きに行ってみると、かなり勉強になります!

辞めて転職したほうがいい人の特徴

辞めて転職したほうがいい人の特徴

営業自体を辞めたいと思っているとき

営業自体を辞めたいと思っている人、もしくは金輪際営業職はやらないキャリアプランを立てた人に関しては転職を決断してもいいと思っています。

なぜなら、キャリアプランを考えた上で、今の営業経験が将来的に役立たないならば無駄な時間になってしまうからです。

僕は営業はなかなかに大変だということを自負しているつもりですが、その分得られるスキルや知識もレベル違いに多いと思っています。

そのため、20代でこれからビジネススキルを身に付けてキャリアアップしたいと考えているなら営業にチャレンジするのはおすすめなのですが、役立たないなら他の経験に時間を使ってあげた方がいいですよね。

キャリアプランが明確でないときは注意が必要です!

もしもあなたが、営業をやめたいとなんとなくで考えている場合は注意が必要です。

これから先10年、20年と長いキャリアの中で、本当に営業の経験は必要ありませんか?ただ今の会社での営業を辞めたいだけなのか、営業が嫌なのかわからなかったりする人も多いですよね。

そんな時は、キャリアプランの見直しをしてあげてください、例えばキャリアコーチングサービスを利用すると、あなたの人生において大切な価値観の下でキャリア選択ができるようになります。

営業職を辞めるべきか、辞めないべきか、転職するべきかしないべきかで悩んでいる人は、ぜひ一度無料相談なりでキャリアプランを明確にしてみてください!

合わせて読みたい

本気の自己分析ができるキャリアコーチング
【無料体験アリ】おすすめのキャリアコーチング17選|料金やコーチの特徴・目的別に比較!

続きを見る

プライベートを優先したいのにできていない

プライベートを優先したいのにできていない人は、僕は問答無用で転職をおすすめします。

僕もプライベート優先型なので、わかるのですが、人はいつ死ぬかわからないのに「今は仕事を頑張る時期」とプライベートすべて返上して仕事をしている人が信じられません。

もちろん、仕事自体が楽しくてやりがいを感じているのであれば話は別ですが、結構疲弊して辛い辛い言いながら、結局仕事を優先してプライベートを犠牲にしてしまっている人、多いです。

時間は有限です。自分の胸に手を押し当てて心当たりがあるのであれば、転職活動の流れくらいは知っておいてもいいのではないでしょうか?

営業力は身に付けたいが研修してくれる体制が整っていない

ベンチャー企業とかだとあるあるなんですけど、研修体制が全然整っていなくて、社会人なんだから自分で考えて行動してねみたいなスタンスの会社だと厳しいこともあります。

上司がポンコツで、全然相手にしてもらえなかったり、営業成績のいいひとに同行しようとしてもさせてもらえなかったり、その上数字が悪いことばっかり指摘してきて、質問しても自分で考えろ見たいな会社って実際多いと思うんです。

せっかく成長したい意思はあっても、どんどん自信を無くしてしまってあなたの時間をすごく無駄にしてしまうリスクもあります。

ペペまる

今一度、今の頑張りが本当に未来につながっているのかを見直してあげることも大切です。

合わせて読みたい

自分を知ることの大切さ-アイキャッチ
社会人の9割が気づいていない自分を知ることの大切さ

続きを見る

営業成績が上がらない原因(成績が悪い原因)と対策

営業成績が上がらない原因(成績が悪い原因)

営業成績が悪いのは、以下のいずれかの原因に当てはまるでしょう。

営業成績が悪いときにチェックリスト
  • テレアポの件数が少なすぎる
  • 1件1件のテレアポをおざなりにしすぎる
  • 見込みの考え方が甘すぎる
  • 相手のことより売上のことばかり考えている
  • あなた自身の武器が少なすぎる
  • 見た目に気を使わなすぎ
ペペまる

当てはまるモノから改善していけば、おのずと営業成績は上がっていきますので、安心していただけたらと思います。

テレアポの件数が少なすぎる

まず営業成績が悪い原因にテレアポの件数が少なすぎることが挙げられます。

メールやSNS、テレアポにてアポを獲得したうえで訪問をしている人も多いと思う小野ですが、テレアポが苦手で件数を少なく設定している人が多いです。

もちろん、アタックリストのように、件数を厳選してテレアポを行っている人もいるかと思いますが、正直最初は質より量で攻めた方が僕は伸びました。

この企業は架けても無駄みたいな先入観が邪魔して飛ばしたりしていると、架電数が少なくなって営業成績の低下につながってしまいます。

1件1件のテレアポをおざなりにしすぎる

1件1件のテレアポをおざなりにしすぎているのも営業成績が悪い原因かもしれません。

僕がテレアポを行うときは1架電したら、1分以内で一つでも情報を抜き取ることを考えています。

担当は誰なのか、何曜日の何時ならいるのか、需要はあるのか、話せる人なのか、など、相手企業に対しての情報を何かしらで抜き取れれば、仮に断られても成功だと思っていいです。

ペペまる

テレアポの件数と1件1件の大切さをもう少し見直すだけでも営業成績は大きく改善できると思いますよ!

見込みの考え方が甘すぎる

営業をやっていたら誰しも聞いたことがある言葉で「見込み」があると思います。営業成績が悪い人の特徴で見込みに対する考えが甘すぎることがあります。

本来、買ってくれる見込みのあるお客様のリストの事を見込みと謳っているはずなのですが、結局のところ、1度断ってきたお客様も、断った理由によっては見込みになりますし、徐々に育てていく必要があるのです。

それなのに、テレアポで架電してすぐ断られたら終わり、みたいな営業マンって結構多いですよね。もっとどんな理由で断ってきたのか、タイミングが違うならタイミングを合わせたら見込みになるのではないかとか、担当者の名前が聞くだけでも大きな進展ですよね。

見込みは植物のように徐々に徐々に大切に育てていくことが重要です。

お客様のことより売上のことばかり考えている

営業成績が悪い人は、お客様の事よりも売り上げであったり、自分の事ばかり考えている傾向にあります。もちろん売り上げを出さないといけませんので売り上げを考えることも必要なんですが、お客様に対してそれを出してはいけません。

ときには、売上を我慢してお客様の発言を優先してあげることも重要なのです。

すごくいい人で話も聞いてくれているのですが、いまではないかなぁと断られた人に対して、どうしても売り上げが欲しいがために、無理やりクロージングを架けたりすると、リピートしてもらえなかったり結果的に断られてしまうこともありますので気を付けましょうね。

ペペまる

あ、この人は本当に私の事を優先して考えてくれる人だ!と思ってもらった方が信頼関係ができます!

あなた自身の武器が少なすぎる

入社したばかりのときは、営業をするにあたっての武器が少なすぎるのが営業成績が上がらない原因だったりします。

商品に対する知識力であったり、他のお客様から頂いたお声だったりが豊富だと、切り返しの引き出しが多くなりますので一つ一つが武器になるのですが、新人さんは引き出しが少ないです。

そのため、最初は人柄であったり、過去の経験から営業で使える武器を見つけて磨いていきつつ、徐々に武器を増やしていくことが大切。

営業成績のいいひとが周りにいるのであれば、1年目何を武器にしていたのかを聞いてみると大変勉強になりますよ!

見た目に気を使わなすぎ

見た目に気を使わなすぎるのも営業成績が上がらない原因の一つになりえます。

人は見た目で判断してしまう生き物で、メラビアンの法則が一つの理由です。メラビアンの法則とは、人と人がコミュニケーションを図る際、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%の割合で、相手に影響を与えるという心理学。

見た目で悪い印象を与えてしまうと、どんなにいい言葉を使っても響かない人が半分以上いるわけです。

ペペまる

営業成績が悪い時、ヘアスタイルを変えてみたり、ちょっと体を鍛えてみたりすると、家から出る自信も変わって成績が変動するかもです!

営業成績が良い営業マンの特徴

営業成績が良い営業マンの特徴

自信があるように見える人

自信がない人とある人とでは営業成績に差が生まれます。自分がお客様であることをイメージすればわかりやすいですが、ナヨナヨシテいて声も小さく、パッとしないような人に仕事を依頼しようと思ったり、商品をこの人からなら買おうと思えません。

そのため営業成績が悪い人は、「どうしたら自信があるように見えるのか」を考えてみることで改善できます。

以下の記事では、仕事に対して自信がない人へ、僕が自信を持てるようになった体験談wお紹介しているので興味のある人は読んでみてください。

合わせて読みたい

仕事に行くのが怖い・自信がないときの対処法
仕事に自信がない・行くのが怖い人が自信を持てる方法【体験談】

続きを見る

ネガティブな言葉を発さない人

営業成績が良い人は、言葉選びが上手なのでネガティブな言葉を発するのではなく、ポジティブに変換して発言する人が多いです。

「疲れた」「眠い」「面倒くさい」などの言葉は使わずに、「やり切った」「やりごたえがある」など自分を奮起させるような言葉選びをしています。

その結果、お客様との対話の中でも、自然と相手に対してポジティブな言葉を選べるようになり、「この人にならお願いしてもいいかも」と思ってもらえる回数が増えるのです。

もしもあなたが、日ごろからネガティブな言葉を発してしまっているのであれば、言わないようにするか、ポジティブな言葉に変換して発するように心がけてみてください。

優れたコミュニケーション能力を理解している人

営業成績の良い人は優れたコミュニケーション能力をもっていますが、そもそも営業成績が悪い人は優れたコミュニケーション能力を理解している人が少ないです。

ただこれはコミュニケーションと言っても幅が広すぎるため、仕方がないと思っています。

結局のところ、常日頃から「相手の言動や行動の理由を考えて、相手に対しての思いやりを持ってあなたの言動や行動を選ぶ能力」の事をコミュニケーション能力だと理解してます。

ただ、スキルとして身に付けたい場合は、コミュニケーションに特化したスキルスクールがあるので、短期間で磨きたい人は利用してみるのがいいかもしれません。

営業成績を飛躍的に伸ばす方法

営業成績を飛躍的に伸ばす方法

営業成績を飛躍的に伸ばすには、以下の方法を試してみてください

営業成績を飛躍的に伸ばす方法
  • 自分の商品・業界に詳しくなる
  • 成績の良い人の分析をする
  • あなたの武器を見つけて磨く

あなたの商品・業界に詳しくなる

まずは、あなたが紹介している商品・サービスはもちろん、ジャンルや業界全体としての知識を身に付けることはとても大切です。

商品の知識だけだと、相手に対して何をアピールするべきかがまだ不十分であり、競合他社製品との比較や、お客様によって利用方法が違うのであれば実際に使っている人の声を聴きに行ったりすることも大切。

営業にて、あまり話が弾まないのは、商品や業界に対するあなたの知識不足が原因となっていることもおおいので、営業成績がを上げたいならば知識はめちゃくちゃ重要です。

ペペまる

研修資料があれば読み込む、自分で使った見たり、実際に使っている人に話を聞くことも有効です!

成績の良い人の分析をする

営業成績が良い人とあなたとの違いを分析することもとても大切です。

テレアポは1日何件発信しているか、どんな話術を使っているのか、どんな会社への架電をしているのか。などテレアポだけとってもたくさんの分析ポイントがあります。

その他にも、1日の流れであなたが盗める者はすべて盗み業務効率を上げてみたり、ワードセンスを磨いてみたり、可能なら1日同行させてもらったりするのも有効です。

たまに先輩だからと言って営業成績がそんなに良くない人のアドバイスを真に受けてしまう人もいるのですが、「成績が良い人」の分析をすることを意識してみてください!

あなたの武器を見つけて磨く

営業をする上でのあなたの武器を見つけ、それを磨くことが成績アップにつながります。

そのため、あなた自身の武器がわからないときは、上司に武器を聞いてみたり、

何も思いつかないときは、商品知識が誰よりもある事であったり、実際に商品を使ったことがある人の話を誰よりも聞いていることなど、自分で作り出すことも可能です。

あなたの武器を見つけるためにはまず、自分を理解することが必要不可欠。得意なジャンルや好きなことだと成長速度も速くなるので、まずは自己分析から始めましょう。

ペペまる

就職活動とか転職活動のときに行うと思われがちですが、常日頃から自己理解を深める自己分析、実はとても大切なのです。

【実体験】スランプは誰にでもある!

【実体験】スランプは誰にでもある!

営業成績が伸び悩んでいる人で、もともとはある程度成績があったのに最近落ち込んでいる場合、スランプかもしれません。

僕も5年以上営業職をやってきて成績には波があることを学んできました。どんなに営業成績の良い人でもちょっと落ち込む時期はあるようなので、なるべく早くスランプから抜け出せるように以下の事を試しましょう。

スランプから抜け出すためにやってきたこと
  • 営業1年目のがむしゃらさを思い出す
  • どこか調子に乗っていないか自分を顧みる
  • 慢心しているように見えないか周りに聞いてみる など
ペペまる

良くも悪くも営業成績がお金に直結することも多い職種なので、営業成績を上げられるならば上げるに越したことはありませんよね!

まとめ:営業成績は悪くても気にしないのが成長のコツだったりする

まとめ:営業成績は悪くても気にしないのが成長のコツだったりする

今回は、営業成績が悪いのを気にしないコツについて紹介しました。

結論、気にしないほうが成績は伸びることがあるのと、成績ばかりを気にして営業するより相手の事を考えて営業している方が、成績アップもそうですし、仕事自体も楽しくなります。

確かに、会社からあーだこーだ言われて耳が痛いのもわかりますが、入社してそんなに時間がたっていないのであれば、ゆっくり時間をかけて成長していくのがおすすめです。

メンタルの強い人なら、全然自分を追い込んで厳しくしてもいいのですが、僕と同じようにメンタルがあまり強くない人は、昨日の自分より1つでも成長してあげていたら100点を挙げることを意識してメンタルケアをしながら仕事していきましょう!

  • この記事を書いた人

ぺぺまる

  \人生を楽しむプロ/

札幌生まれ札幌育ちの27歳|大学受験失敗をきっかけに自分の本当にやりたいことを探求|暗号資産投資で失敗 ▶ 営業代行で自分の商品を作りたくなる ▶ イベント事業 ▶ ブログをはじめました!|アウトプットブログ ▶ 理想の働き方研究室へ|結局人生楽しんだもん勝ちだと思ってます!

-働き方Tips
-